トップページ > 相続財産調査の概要

相続財産調査の概要

相続財産調査の報酬・業務内容・留意事項

相続財産調査の代行報酬 ¥20,000円(税抜)/調査項目1件毎
業務内容

預貯金・有価証券などの有無確認や生前贈与の有無、金融資産の残高証明書取得、取引履歴証明書取得、クレジット・サラ金(借金)調査、不動産の現地確認や評価調査(名寄閲覧)を行います。相続財産目録の作成のための基礎資料を収集します。実費は別途頂戴します。

参考)預貯金取引明細書請求についての判例

留意事項

◆金融機関や証券会社等の相続財産調査は、支店毎に調査項目1件としてカウントします。

 

◆クレジット・サラ金(借金)調査は、信用機関1件毎に調査項目1件としてカウントします。

 

不動産については不動産の所在する市町村内毎に調査項目1件としてカウントします。

 

◆全国対応可能なサービスです。

 

本サービスのご利用をおすすめしたい方

◆どこに相続財産があるかわからないので、調査してほしい。

 

◆相続人の一部の者が財産を隠してしまったので、調べてほしい。

 

◆亡くなった者に借金がないか不安なので調べてほしい。

 

◆相続税の申告で金融機関の残高証明や取引履歴証明書が必要になった。

 

相続財産調査に必要な書類(共通)

 

必要書類
① 被相続人の戸籍・除籍謄本(被相続人の死亡の記載があるもの。被相続人と相続人の関係がわかるところまで)
② 請求する相続人の戸籍謄本
③ 請求する相続人の印鑑証明書(発行後、3か月~6か月以内)

 

※ 調査内容によっては上記以外にも書類が必要になることがあります。

 

無料診断受付中