fbpx

トップページ > 相続手続きを依頼するか自分で進めるか

相続手続きを依頼するか自分で進めるか

相続手続きの進め方 自分で進めるか専門家のサポートを入れるか

相続手続きはケースバイケースでかなり複雑になったり、法律的な問題が生じたり、そもそもの問題として相続手続きの事務処理をする時間すら取れないなど、相続を経験すると様々な困難にぶつかることがあります。そのような時は、相続手続きをサポートしてくれる専門家に相談したり、相続手続きのアウトソーシング(手続きの代行や代理)を検討してもよいと思います。

 

専門家に相続手続きを頼む方法としては、ホームページ上に多くの専門家の情報が掲載されているので、「相続 ●●」(●●はお住まいの地名を入力する)などと検索すると、大抵、どこの専門家も無料相談の受付をしているので、そのような無料相談を通して、誰に何を頼むかを検討するとよいと思います。

 

インターネット環境のない方で知り合いの専門家がいないという方は、タウンページ情報や各専門家の関連団体(行政書士会、司法書士会、弁護士会、税理士会、法テラスなど)に問い合わせて、相続の相談を受けてくれる人を探してみてもよいと思います。重要なことは、士業(〇〇士とつく職業に就く人のこと)であればだれでも相続について詳しいということではないことです。

 

相続に特化しているか、相続の経験が豊富な人にできるだけ相続手続きを頼むようにするのがベターです。相続に詳しいかどうかは専門家のホームページをざっと見たり、直接尋ねたりして確認してみるとよいと思います。

 

なお、当事務所行政書士の有資格者で行政書士事務所を経営しておりますが、当事務所は行政書士だけで処理できない相続につき、協力先の他士業や関係団体にサポートしてもらう体制を整えております。依頼先の専門家がそのような体制を整えているか(たらいまわしにされないようにする)という視点も相続手続きを頼む際に必要になると思います。依頼先事務所が各専門科の医師を抱える総合病院のような事務所であるかを確認してみましょう。

 

資料請求からフルセット依頼で1万OFF

集合写真

無料診断受付中