トップページ > 相続とは

相続とは

相続とは

 相続とは、被相続人(亡くなった方)の財産上の地位を相続人が包括して受け継ぐことで、人が亡くなった瞬間に始まるものです。相続のルールを定める民法では、「相続人は、相続開始のときから、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」と定められています。

 

 民法上、「一切の権利義務」と定められていることから、特定の財産だけでなく、被相続人が有していた義務(借金などの支払い義務を含む)も相続人に承継されることになります。これを包括承継といいます。これに対し、特定の財産だけが承継されることを特定承継といいます。

 

 ただし、被相続人の一身に専属した権利義務は、相続人に承継されないという例外もあります。(例えば、被相続人が有していた、生活保護を受ける権利や、年金受給権などです。)

 

 相続に関する法律(相続法)

 

 相続用語集はこちら

 

無料診断受付中