トップページ > 成年後見手続きサポートの概要(後見人選任と相続)

成年後見手続きサポートの概要(後見人選任と相続)

成年後見手続きサポートの報酬・業務内容・留意事項

成年後見手続きサポート料 ¥150,000円(税抜)
業務内容

 相続人の一部に認知症・知的障害・精神障害等の理由により、遺産分割協議ができない相続人がいる場合、その相続人のために、遺産分割協議の代理を行う成年後見人等を選任する手続きを行う。成年後見手続きに要する各種証明書を代行取得し、本人の財産関係、収支関係資料の整理を行う。成年後見の申述書作成を行う司法書士(当事務所協力先)へとお取次ぎします。

留意事項

◆成年後見の申述書の作成や成年後見手続きについての説明は、司法書士より行います。司法書士に対する報酬は別途必要になります。(お見積りが別途必要になります。)

 

◆成年後見人の候補者を成年後見申立時に指定することができますが、必ずその候補者が選ばれる保証はありません。弁護士等の専門職後見人が就任するケースもあります。専門職後見人が就任した場合は、その者に対する後見報酬が必要になることがあります。後見報酬は本人の財産より支払うこととなります。親族の方を候補者に立て、無報酬で後見業務を行うこともできます。

 

◆本人と成年後見人との利益が相反する(本人も成年後見人も同じ被相続人の相続人になっている)ケースは、別途特別代理人の選任が必要になります。特別代理人の選任が必要な場合は、上記料金に50,000円(税抜)の報酬加算をさせていただきます。(別途、司法書士に対する報酬と実費も必要になります。)

 

◆成年後見手続きには財産目録が必要になりますが、財産の種類や項目が20件を超える場合、1件追加毎に2,000円(税抜)の報酬を加算させていただきます。

 

◆実費代として、医師の診断書作成料(精神鑑定が必要な場合は、鑑定料も必要になります。)各種証明書の取得手数料、印紙代、郵便切手代が別途かかります。

 

◆全国対応可能なサービスです。

 

成年後見手続きで必要な書類

 

必要書類
①  成年後見の申述書
② 本人の戸籍謄本、住民票
③  成年後見人候補者の住民票
④  本人の診断書(家庭裁判所が定める様式のもの)
⑤  本人の登記されていないことの証明書
⑥  本人の財産に関する資料(不動産登記簿や預貯金通帳等写しなど)及び財産目録
⑦  本人の収支状況に関する資料(年金額がわかる資料、病院代等の費用の領収書など)

 

※ ケースによっては上記以外にも書類が必要になることがあります。 印紙代は800円(申立に必要分)、家庭裁判所に収める郵券は家庭裁判所毎に異なりますので確認が必要になります。

 

成年後見人に就任し相続手続きを代理した事例紹介

 当事務所ではこれまでに、判断能力がない相続人の成年後見人に就任し、成年後見人として遺産分割を代理したケースが複数ございます。成年後見人としての経験と実績がございますので、ご用命のある方はお気軽に当事務所までご相談下さい。  

 

 事例

 法定相続人2名のうち、1名に判断能力を欠く方がいらっしゃった案件の成年後見人に就任したケースをご紹介します。ご依頼人や司法書士さんの協力を得て、成年後見人に代表・千田が就任しました。相続手続き上、成年後見人である千田と依頼人である相続人様の間で法定相続分に基づいた遺産分割協議を行い、当職が各相続手続き先に出向いて相続手続きを代理しました。

無料診断受付中