トップページ > 不在者・失踪宣告手続きサポートの概要

不在者・失踪宣告手続きサポートの概要

不在者・失踪宣告手続きサポートの報酬・業務内容・留意事項

不在者・失踪宣告手続きサポート料 ¥150,000円(税抜)
業務内容

 相続人の一部に行方が知れない(不在者・失踪者)相続人がいる場合、その相続人のために、不在者財産管理人を選任する手続きを行う。失踪の期間が長期に渡るケースでは失踪宣告の手続きを行う。不在者財産管理人選任や失踪宣告手続きに要する各種証明書を代行取得し、不在を証する資料や不在者の財産関係資料の整理、探偵・警察等との調整、不在者財産管理人選任や失踪宣告の申述書作成を行う司法書士(当事務所協力先)へとお取次ぎします。

留意事項

◆不在者財産管理人選任や失踪宣告の申述書の作成、同手続きについての説明は、司法書士より行います。司法書士に対する報酬は別途必要になります。(お見積りが別途必要になります。)

 

◆不在者財産管理人の候補者を不在者財産管理人選任申立時に指定することができますが、必ずその候補者が選ばれる保証はありません。弁護士等の専門職が就任するケースもあります。専門職が就任した場合は、その者に対する管理報酬が必要になることがあります。管理報酬は不在者の財産より支払うこととなります。

 

◆不在者と不在者財産管理人との利益が相反する(不在者も不在者財産管理人も同じ被相続人の相続人になっている)ケースは、別途特別代理人の選任が必要になります。特別代理人の選任が必要な場合は、上記料金に50,000円(税抜)の報酬加算をさせていただきます。(別途、司法書士に対する報酬と実費も必要になります。)

 

◆不在者財産管理人選任手続きには不在者の財産目録が必要になりますが、財産の種類や項目が20件を超える場合、1件追加毎に2,000円(税抜)の報酬を加算させていただきます。

 

◆失踪宣告手続きにおいて失踪者が死亡したとみなされるまでには、申述から1年以上のお時間を要することがあります。失踪宣告の審判が確定すると、その失踪者に相続が開始されます。失踪者の相続が開始された後の失踪者に関する相続手続きサポートは、別途のサービスお申込みが必要です。

 

◆実費代として、失踪宣告の場合は官報公告料として4,729円、各種証明書の取得手数料、印紙代、郵便切手代が別途かかります。

 

◆全国対応可能なサービスです。

 

不在者財産管理人選任手続きで必要な書類

 

必要書類
①  不在者財産管理人選任の申述書
②  不在者の戸籍謄本と戸籍附票
③  財産管理人候補者の住民票
④  不在の事実を証する資料
⑤  不在者の財産に関する資料(不動産登記簿や預貯金通帳等写しなど)及び財産目録

 

※ ケースによっては上記以外にも書類が必要になることがあります。 印紙代は800円、家庭裁判所に収める郵券は家庭裁判所毎に異なりますので確認が必要になります。

 

 また、不在者財産管理人選任の申立時に、管理人報酬(専門職への報酬)を予納するよう家庭裁判所より依頼されることもございます。この予納金は実際の遺産分割が完了し、不在者が相続する金銭を管理人が管理できるようになった際に、申立人に返還されることになります。予納金の額は、ケースにより異なり50万円~100万円程度になることもあります。

 

失踪宣告手続きで必要な書類

 

必要書類
①  失踪宣告手続きの申述書
②  不在者の戸籍謄本と戸籍附票
③  失踪を証する資料
④  申立人の利害関係を証する資料

 

※ ケースによっては上記以外にも書類が必要になることがあります。 印紙代は800円、家庭裁判所に収める郵券は家庭裁判所毎に異なりますので確認が必要になります。

無料診断受付中