公正証書遺言の参考文例 - 札幌の遺言専門家

トップページ > 公正証書遺言の参考文例

公正証書遺言の参考文例

遺言公正証書の参考文例

 

本公証人は、遺言者 ●●●●の嘱託により、後記証人の立会いのもとに、以下のとおり遺言者の口述を筆記し、この証書を作成する。

 

第1条 遺言者は、本条記載の不動産及び預貯金を含むその有する一切の財産を、遺言者の夫・●●●●(生年月日・昭和●●年●月●日生 以下、夫・●●という。)に相続させる。

不動産

① 土 地

 所 在  ●●●●●●●●●●●● 

   地 番  ●番●

   地 目  宅 地

   地 積  ●●●平方メートル●●

② 建 物

 所 在  ●●●●●●●●●●●● 

   家屋番号 ●番●

   種 類  居 宅

   構 造  木造亜鉛メッキ鋼板葺2階建

  床面積  1階●●平方メートル●●

       2階●●平方メートル●●

預貯金

① ●●●●銀行 ●●支店

1)普通預金 口座番号 ●●●●●●●

2)定期預金 口座番号 ●●●●●●●

② ゆうちょ銀行

1)通常貯金  記号番号 ●●●●●●●●

2)定額貯金  記号番号 ●●●●●●●●

2 その他、遺言者が取引中の金融機関の遺言者名義の預貯金の全部

 

第2条 遺言者は、本遺言書に記載のない遺言者所有の現金、家庭用動産及び株券等の有価証券を含む遺言者に帰属する一切の財産を夫・●●に相続させる。

 

第3条 遺言者は、本遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。

札幌市中央区大通西11丁目4番地

行政書士法人ドラゴンオフィス

 行政書士         千  田  大  輔

昭和56年1月26日生

 2 遺言執行者は、遺産である預貯金等について、相続人の同意を要することなく、単独で、名義変更、名義書換、払戻し、解約請求等一切の処分、取引を行うほか、貸金庫・保護預かり契約がある場合には、これを開扉の上、内容物を収受し、又は貸金庫・保護預かり契約を解約するなど、本遺言を執行するために必要な一切の行為(代理人の選任及び事務代行者の指定を含む。)をする権限を有する。

 3 遺言執行者の請求に応じて、遺産である預貯金等の金融資産等を払い戻すなどした金融機関等は、その責任を免除されるものとする。

 4 遺言執行者の報酬は、金●●万円(税別)とし、実費は別途相続財産から支弁するものとする。

 

本旨外要件

住所  ●●●●●●●●●●●

無 職

遺言者           ●● ●●

昭和●●年●月●日生

前記遺言者は、印鑑証明書の提示により人違いでないことを証明させた。

札幌市中央区大通西11丁目4番地

行政書士法人ドラゴンオフィス

行政書士

証 人           千  田  大  輔

昭和56年1月26日生

前同所

行政書士補助者

証 人           ●● ●●

平成●●年●月●日生

前記遺言者及び証人に読み聞かせたところ、各自筆記の正確なことを承認し、以下に署名押印する。

遺言者           ●● ●●

証 人           千  田  大  輔

証 人           ●● ●●

この証書は、●●年●月●日、当公証人役場において、民法第969条第1号ないし第4号の方式に従って作成し、同条第5号に基づき本公証人以下に署名押印する。

 

公証人           ●● ●●

以 下 余 白

無料相談の予約はこちら